ASUS Chromebook Flip C436FA はUSIペンとの相性よろし

ASUS Chromebook Flip C436FAを試用してます

私が数年来使っているASUS Chromebook Flip C434TAの後継機であるASUS Chromebook Flip C436FAを試用する機会を得て、色々と触ってます。
前回のレポートはこちら。

ASUS Chromebook Flip C436FA は性能もお洒落度もアップ
ASUS Chromebook Flip C436FAを試用してます私が数年来使っているASUS Chromebook Flip C434TAの後継機であるASUS Chromebook Flip C436FAが国内で発売開始され...

今回はUSIペンを使っていじってみたレポートです。

USIペン“SA300”が同梱されています

何度も紹介していますが、USIペンはスタイラスペンの新たな統一規格で、応答性もよく、最大4,096段階の筆圧感知によって、筆で絵を描くようなタッチを実現できるというもの。“応答性がいい”というのがミソです。これまでも筆圧感知云々は実装されていたものがあったのですが、画面をペンでなぞった時に、実際に画面に線が描写されるのにちょっとラグがありました。ほんのちょっとなんですが、なんか気になっちゃうんですよね。その点、USIペンはフラストレーションが少なくて済むのでした。
これは、C436FAのCPUがパワフルで、処理能力が高いことももちろん寄与していて、全体的にストレスなく、サクサク動いてくれます。

ASUS Chromebook Flip C436FAにはそんなUSIペン(SA300)が同梱されているので、漏れなくその恩恵にあずかることができます。しかも、専用ホルダー付き。こんな風にペンに取り付け、磁石になっている“脚”の部分を本体側面のSDカードスロットのところにペタッとくっつける仕組み。

USIペンとペンホルダー

あと、使う時もこのホルダーが丁度いい“持ち手”になって、書く時にフィットする感じで良かった。

で、噂の(?)単六電池で稼働します。英語だと“AAAA type”と表記されるみたい。コンビニなどでは取り扱っていないので、大きめの電気屋かAmazon辺りで購入するしかないですかね。

USIペンに単六電池挿入

使用開始時も特に“接続手続き”などは必要なく、すぐに使い始められます。

USIペンでメモ書き

手書きメモもできる、Google提供のアプリ“Google Keep”で試してみました。このアプリ、Googleが提供するだけあってクラウド上でデータ共有が可能で、ChromebookとAndroidスマートフォン、パソコン上のChromeブラウザ(の上で動くGoogle Keep)と、相互にメモの共有ができます。最近はGmailとの連携も良くなって、さらに便利になっています。
そして、Chromebookではさらにさらに便利に使えるようになっていて、ペンで呼び出せるコマンド類の標準メモアプリとなっています(他のアプリに変更も可能)。また、ロック画面から直接、起動も可能なので、すぐにメモを録り始められるのもグッド。

タッチペン用メモアプリ指定

こんな感じのペン用コマンド一覧から起動できます。
済みません。C436FAを使ってスクリーンショットを録るのを忘れたので、下のは個人所有のIdeaPad Duo Chromebookで録ったものです。見た目は一緒です。

“手書き”モードでは、直接、紙に書くように“線”を書いていく(描いていく)ことができます。ASUS Chromebook Flip C436FAは名前の通り、ディスプレイが360度“フリップ”してタブレットモードになるので、こんな風に使うこともできます。ただ、重さが約1.1 Kgあるので、メモ帳のように片手で持って使うにはちょっと無理がありますね。上端を手で持って、下端をお腹につけて使えば大丈夫かな?
まあ、いずれにせよ、落とさないように気をつける必要がありますね。

タブレットモードでメモ

スタンドモード(キーボードを裏側に回して立てるモード。300度くらい回した形)もちょっと機微医師かも。メモはできるんですが、ペンで画面を叩くとディスプレイが揺れてしまって安定感が今ひとつでした。マウス代わりにタッチするには問題ないのですが、文字を書くのはちょっと辛いかな。

スタンドモードでメモ with USIペン

テントモードならば安定していて、これならば問題なし。Web会議をしながらメモをしたりするのにいいかも。下の写真では、オンライン・ホワイトボード アプリのGoogle Jamboardを使ってみたところです。複数人で、オンラインで繋げながら同じホワイトボードに文字を書いたり、付箋(風のアイテム)を貼り付けたりできるんです。リアルタイムで他の人が記入した文字・アイテムが表示されるので、なかなか面白いですよ。うちの会社でもオンライン・ブレインストーミングなどに使っています。
ASUS Chromebook Flip C436FAならばCPUもパワフルなので、こんな使い方にも向いていますね。Wi-Fi 6対応だし、それにUSIペンの便利さも相まって、リモートワークならばこの機種、と言えそう。

Google Jamboard

USIペンとの組み合わせ、いいですよ。私は手書きメモだけではなく、マウス代わりにも使っています。OK/Cancelのボタンを押したりする時は、マウスやタッチパッドでもいいんですが、USIペンでちょんと押すのも、手間・時間は余り変わらないんじゃないかな。

ここから買えます

ASUS Chromebook Flip C436FAは以下のサイトなどで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました