ToDoリストのすすめ:Nozbeを使って、計画的にブログを書こう

★ ToDoリストのすすめ

日記としてのブログであればそこまでは必要ないと思いますが、何かテーマを持ったブログだと、あんな記事を書こう、こんな話を調べて見ようなどと、考えながら進めるのではないでしょうか。ブログを書くのが仕事、と言う人以外では、そんなに堅苦しく考える必要はないかも知れません。でも、楽しくブログを続けようと思うと、それなりに段取りだの、手順だの、やることを整理しておくと“気持ちよく”ブログ書きができるでしょう。
仕事であれば“プロジェクト管理”、“プロジェクトマネージメント”と呼ばれるようなことかと思います。でも、さすがにそこまでやる必要はない。んじゃ、どこまで?というので、丁度いいのが「ToDoリスト管理」くらいかな、と。

ToDoリスト管理は、やるべきこと(To Do)を箇条書きにする(リストにする)というもの。もうちょっとやろうとすると、ToDo項目ごとに、「いつまでにやるのか」、「やり終わったか、のチェック」、「やる内容の分類分け」などを決めていき、整理する。こうすると、やることの順番が決まったり(プライオリティ付け)、まとめてできる・似た方法でできるものをまとめたり(カテゴリー分け)、終わったものをリストから外していったりできます。やるべきことが複数ある場合、実際に紙に箇条書きにするまでしてなくても、誰しもが頭の中ではやっている作業かなと思います。

ブログを書く時にも、

  • ネットや新聞などで見た面白そうな話(ネタになりそうなもの)をチェックし、もう少し調べて見る
  • 読書感想文を書くならば、まずはその本を読んでみる
  • 商品を紹介するならば、その商品の写真を撮る
  • そして、ブログ記事を執筆する

などなどがToDo項目としてあるでしょう。ブログに書こうと思ったことが一つだけならばToDoリストに書くまでもないです。でも、面白そうな話をいくつか見つけちゃったら、それぞれにこんな作業をしていく必要があるので、ToDoリストを書いた方が忘れずに済む。

★ NozbeでToDoリスト管理

ToDoリストというと、「インフィエイト TO-DO パッド」のようなメモ帳を用意すればいいのですが、これもChromebook上でできればうれしいでしょう。
ToDoリストのアプリや拡張機能は一杯ありますし、EvernoteやGoogle Keepなどの“(超多機能)メモ帳”ツールにもその機能があります。自分に合ったものを探してみましょう。

ここでは、私の使っているNozbeをご紹介。Nozbeは、AndroidやiOS用アプリもありますが、Web上でも使える、クラウドサービスの一つです。ToDoリスト管理に徹したツールで、シンプルですが、GTD(Getting Things Done : 下記参考書を見てください)を実践するのに適しているなどの特徴があります。
Nozbe : メイン画面

Google Drive上のファイルをリンクしたり(ToDoに関係しているドキュメントを、その項目に貼り付けておける)、Evernoteと連係したりできるのも、クラウドサービスの良さを上手く使ってます。

リスト一覧の画面はこんな感じ。メールと同じような感じで、“inbox”にどんどんとToDo項目を登録していきましょう。「いつまでにやる」だの、分類分けのための「タグ」だのが設定できます。
登録した項目が増えてきたら、グループ分けもできます。“プロジェクト”を作ってそこに“inbox”から項目を移していき、細かく管理しましょう。
ToDoをクリアしたら(作業が終了したら)、項目の頭にある丸印をクリック。チェックマークが付いて“終了”扱いにできます。
リストの並び順も色々選べます。「いつまでにやる」の〆切が早い順がデフォルトですかね。
Nozbe : Priority

無料で使い始められます。ただ、無料だと登録できるプロジェクト数(ToDoリストのグループ)が五つまでと限られているので、ガンガンに使うようになったらPro版に移行するのがいいと思います。
Nozbe: 価格表

Pro版、ビジネス版だと複数ユーザーが登録でき、みんなでToDoリストを共有・管理できます。もし、グループでブログを書いている場合は、こちらのプランの方がいいかも。
Nozbe:Teamメンバー

ということで、ToDoリスト管理を始めてみませんか。

NozbeのHomePageはこちら。ユーザー登録もここからできます。

参考書:「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する

タグ: , ,