ASUS Chromebit 日本でも個人向けに1月から発売開始 : スティック型のChromebook登場

ASUS Chromebit

★ ASUS Chromebitとは

Windows版のスティックタイプPCが今年、(一部で?)盛り上がり、品切れ状態になることもあったようです。そのChromebook版(Chrome OS版)がやっと、アスースから登場。法人向けには既に販売を開始しているそうで、個人向けも1月中旬から購入できるとのこと。

ASUS社によるニュースリリース「テレビに挿して簡単に使えるスティックChrome PC「ASUS Chromebit」を発表

このプレスリリースによると、個人向けも店頭では予約がもう、できるそうです。ただ、ネット上のアスース Shopではまだみたい(2015/12/18)。

以下、スペック・特徴を上記リリースから転載。

CPU Rockchip RK3288C 4core 1.8GHz 1MB
Memory 2GB LPDDR3L-1066
Graphic ARM Mali-T624 GPU
Storage eMMC 16GB
通信 IEEE802.11ac/n/a/g/b Bluetooth 4.0
I/F HDMI x1, USB2.0 x1
付属品 フレキシブルHDMI延長ケーブル、ACアダプター、ユーザーマニュアル、保証書
サイズ 123 x 31 x 17 mm
重さ 約75 g

★ Chrome OSはスティックタイプにぴったりでしょう

元々がネットワークに接続し、クラウド環境を前提としたChromebook/Chrome OS。その点ではWindowsよりも、このスティックタイプには合っていると思います。ユーザーアプリケーションなどを手元にダウンロードしてインストールする必要なく、すぐに“いつもの”環境で作業が始められるChromebook。もちろん、このスティックタイプでも同様でしょう。別途、Bluetooth接続のキーボード・マウスは必要でしょうが、出張先・旅先などでこれをTVにプチッとさせば、“いつもの”環境が目の前に現れるのはグッドです。いざという時のサブ機としても、カバンに入れておけば安心ですね。かなり、魅力的です。

店頭ではもう触れるのでしょうか。機会を見つけ、実際に動かしてみたいなと思います。その時が楽しみ!

それにしてもアスース社、日本でのChromebookビジネスにかなり力を入れてくれるのが有り難い。ディスプレイが360度回転するASUS Chromebook Flip C100PAもインパクトがあるし、今回のスティックタイプも然り。これらが売れて、Chromebookが日本でももっと普及すると良いな。

ASUS ChromebitをTVに


カテゴリー: Chromebook関連 タグ: ,