ASUSの法人・教育機関向け新機種 Chromebook C300SA 発表

ASUS C300SA

★ C300SA & C201PA発表

ASUS Chromebook Flip C100PAを試す:まずは開梱」で紹介したASUSの一般向けChromebookが登場したのが去年の秋頃。それ以降、なかなか新機種の話が国内では聞けなかったのですが、先日、
13.3型液晶を搭載する法人教育機関向けのChromebook製品「ASUS Chromebook C300SA」および11.6型液晶を搭載する「ASUS Chromebook C201PA」を発表
とのニュースが流れました。残念ながら法人向けで、一般のチャネルで購入はできないようですが、教育機関で普及が進めばその御利益もそのうち回ってくるものと期待できます。

★ C300SAとC300MAを比較する

購入することは難しいのですが、せっかくなので私の愛機であるASUS Chromebook C300MA-WHITEと比較してみました。データは、公式サイトにある各々のスペック表です。

C300SA C300MA
CPU インテルCeleron N3060 1.6GHz, 2MBキャッシュ インテルCeleron N2830 2.16GHz, 1MBキャッシュ
メモリー 4GB LPDDR3-1600 4GB DDR3L-1333
ディスプレイ 13.3inch ワイドTFTカラー液晶, 1366×768(WXGA) 13.3inch ワイドTFTカラー液晶, 1366×768(WXGA)
ストレージ eMMC 16GB eMMC 16GB
通信 IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.0 IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.0
インターフェース HDMIx1, USB3.0x2, SDXC/SDHC/SDメモリーカード HDMIx1, USB3.0x1, USB2.0x1, SDHC/SDメモリーカード
バッテリー駆動時間 15時間 約10時間
質量 約1.35Kg 約1.4Kg

ディスプレイ周りは変わりがないもの、CPUやメモリーはより高速なものになっていますし、USB端子も3.0が二個になっていたり、SDXCカードが使えたりと、スピードアップに繋がる違いが見られます。
米国だと、ほぼ同じスペックでC300SAの型名で個人向け機種も売られています。カラーバリエーションも、日本は黒だけですが、アメリカ版は黒、赤、ライトブルーと三種類。値段も$209.99 (2016/06/14)と、22,300円あまり。残念ながら、日本向けには出荷してくれないんですよね。アメリカ行ったときのお土産か?!

日本でも個人向け機種が出るのを期待して待つことにしましょう。


カテゴリー: Chromebook関連 タグ: ,